たのしくいきたいこ

皆さまの身体と心を癒やされますようにという想いを込めて作成したブログです

自分を責めないで…イライラするのは頑張っている証拠

こんにちはたのしくいきたいこです

 

人間には喜怒哀楽という感情がありますがその中で要らないと思う感情は「怒り」ではないでしょうか?

 

誰だって24時間穏やかな感情で過ごしたいですよね

だけど現在の社会は目まぐるしく忙しくイライラすることが多いかと思います

 

そのため大切な家族に対してキツく当たってしまい自分を責めることもあるかと思います

イライラするのは頑張っている証拠です

落ち込まないでくださいね

 

今日の記事はイライラの対処法を

 

・イライラを予防する

・イライラした時の対処法

・ホルモンバランスについて

 

の3つの項目からお伝えしたいと思います

 

イライラを予防する

 

貴方の身の回りに怒らない人っていませんか?

いつでもニコニコしていてうらやましいと思いますよね

 

イライラしやすいのは遺伝が原因であったりホルモンバランスの乱れだったりします

日常生活でイライラしないように予防をすることで怒りの感情を抑えることができます

 

f:id:eriza02160:20210429163417j:image

 

イライラを予防するためには

 

・1日10分の運動

・自律神経を整える

・幸せホルモンが活発になる食事を心がける

 

を試してください

 

1日10分の運動

 

人は身体を動かさないと身体の中のエネルギーが多すぎてイライラすることがあります

 

できれば1日30分ほどのウォーキングがおすすめですが忙しい方は1日30分の時間をとることが難しいかと思います

 

忙しくて時間がとれないという方は1日10分ほど腹筋やスクワットなどの無酸素運動を行ってください

無酸素運動の前後にはストレッチを忘れないようにしてくださいね

ストレッチは1.2分ほどでかまいません

 

もし10分の無酸素運動がキツいという方は5分から初めてください

 

また日頃からエレベーターを使わず階段を使うなどしてなるべく身体を使うようにしてください

 

とくにここ最近はコロナウィルスによって運動をする機会が減っているかと思います

日常生活の中で身体を動かすことを意識してエネルギーが溜まりすぎないように注意してくださいね

 

自律神経を整える

 

自律神経は身体の機能をコントロールする神経でこの自律神経の働きが悪くなると身体や心が不調を起こすことがあります

 

自律神経を整えるためには

 

朝起きたらカップ1杯の水を飲む

食事は早食いせずしっかり噛んで食べる

5分ほどのストレッチ

お風呂に10分ほどつかる

寝る1時間前からスマホは触らない

夜空を見て5分ほどぼ~とする

 

がおすすめです

 

全て完璧にこなそうをするとストレスが溜りますのでできる範囲で試してください

 

f:id:eriza02160:20210429163511j:image

 

イライラする人は日頃から脳の休息を忘れている人が多いかと思います

リラックスする時間を忘れないようにしてくださいね

 

幸せホルモンが活発になる食事を心がける

 

忙しい日々を送ると食事も適当になったりしませんか?

私たちは食べるものから栄養を得ています

忙しくて身体や心が疲労しているときこそ食事はとても重要になります

 

特にイライラしやすい人は幸せホルモンと言われる「セロトニン」が足りていない傾向があります

 

このセロトニンが足りていない人は「トリプトファン」という栄養素が足りていない可能性があります

 

トリプトファンは大豆・肉・チーズ・バナナなどに多く含まれています

 

かといってトリプトファンの多い食材をたくさん食べれば良いというわけではなく色んな栄養素を摂取することでより効果が上がります

トリプトファンの多い食材を取りつつバランスの良い食事を心がけてくださいね

 

イライラした時の対象法

 

どれだけイライラしないように心がけていても他人からの心ない言葉の暴力を受けたり気遣いのない態度を取られたりするとイライラしちゃいますよね

 

そんな時は早くイライラを落ち着かせたいと気持ちが焦りさらにイライラのスパイラルにはまることもあります

 

イライラした時は

 

エアーで殴る蹴る

(周りに誰もいないか確認してから)

紙に頭に浮かんだことを書く

涙を流す

温かい飲み物を飲む

 

がお勧めです

 

エアーで殴る蹴るはボクシングの選手が練習でよくするシャドーボクシングのように目の前に相手がいると想像しながら手や足を出してください

誰も怪我をしないように周りの広さの確認や誰もいないかの確認は忘れないように

 

イライラをしないで一生を終える人なんてほとんどいません

イライラしてる自分を嫌いにならないでくださいね

 

f:id:eriza02160:20210429163626j:image

 

イライラをある程度発散できたら鏡の前でにっこり笑ってください

笑った自分の顔を見ると心も笑顔になります

 

ホルモンバランスについて

 

女性は生理や更年期障害などでどうしてもホルモンバランスが崩れやすい傾向があります

 

ホルモンバランスが崩れると穏やかな性格の人でもイライラしやすくなり自分で自分をコントロールできなくなることがあります

 

ホルモンバランスを崩さないようにするためには日頃から適度な運動やバランスの取れた食事

ストレスの溜まらない思考などが必要ですがそれでもバランスが崩れることがあります

 

生理前後の異常な身体の疲れや心の不調がある時は産婦人科で相談してください

生理が関係なく倦怠感が続いたり不安やイライラが続く時は漢方やハーブティーの専門店に相談してください

 

f:id:eriza02160:20210429163644j:image

 

ホルモンバランスが崩れた時は自分の持っている力だけではどうにもなりません

 

身体や心の不調を我慢すると鬱になることもあります

 

周りの友達は弱音を吐かずに頑張っているのに自分は何て弱いんだろうなんて思わないでくださいね

今までたくさん頑張ってきたから疲れが出てきたのです

 

頑張ってきた自分をしっかり褒めてあげて毎日が楽しく過ごせように早めに病院や漢方・ハーブティーの専門店に相談されることをお勧めします

 

最後に

 

数年前の私はイライラして毎日家族に自分の感情をぶつけていたことがありました

 

その時は家族に申し訳なくて自分をたくさん責めました

 

今では仕事先の同僚から「怒ることあるんですか?」と言われるぐらいイライラすることがなくなりました

 

もしかして一生このイライラした感情と付き合っていかなくてはいけないのかなと不安になっているなら安心してください

 

身体と心が健康になれば苛立つことが少なくなり楽しく過ごせますよ

 

 

 

こちらにも自律神経の整え方を書いています

ht.eriza0216neco.net